マウスピース

スポーツ用マウスピース

「スポーツマウスガード」は最新のスポーツアイテム

激しい運動による外傷から口の中を保護するための用具が、スポーツ用のマウスピース「スポーツマウスガード」です。
スポーツマウスガードは、ラグビーやアメリカンフットボール、アイスホッケー、フィールドホッケー、ラクロス、ボクシング、空手などの幅広いスポーツ競技で使用されおり、衝撃を和らげる効果があります。歯や舌、唇、顔面などの負傷を防ぐほか、脳震とうなどの発生率や重篤度を低減させることが報告されています。

マウスガードの装着が義務化されているスポーツ

  • マウスピース
  • 上の歯をカバーすることにより、口に加わる激しい衝撃を吸収してケガを防止するとともに、噛み合わせを改善することからスポーツ能力へのプラス効果も期待されます。
    一見すると単なるゴムの塊に見えますが、その材質や形状、使用方法は世界中の研究者による膨大なレポートから導き出されたものです。 マウスガードはまさに最新の歯科医学が生んだ最良のスポーツ用具です。

歯型を取るだけで、競技や個人に適した
マウスガードを作ることができます

マウスガードは、主に市販品と歯科医院で製作する二種類があります。
スポーツ用品店などで販売されているマウスガードは、自分で調整しなければならず、精密に適合させるのが困難です。そのため異物感があったり、発音しずらいなどの不都合を生じやすいというデメリットがあります。
一方、歯科医院で製作するカスタムメイドのマウスガードは、本人の口にあった、適正な噛み合わせを考慮して作られるものなので、市販のマウスガードの欠点が大幅に改善されたものとなります。

当院では、お一人ひとりの口腔、噛み合わせに合った、精度の高いカスタムメイドのマウスガードの製作を承っています。

院長の武部祐光は、香川県唯一の日本スポーツ歯科医学会認定医です。

無呼吸症候群用マウスピース

睡眠時無呼吸症候群についてご存知ですか?

睡眠時無呼吸症候群SAS(Sleep Apnea Syndrome)とは、睡眠中に呼吸が止まり、それによって日常生活にさまざまな障害が引き起こされる疾患です。大きないびきとともに呼吸は再開しますが、睡眠が十分でないため、日中に異常な眠気が現れることがあります。

また最近では、高血圧や心臓疾患とも関係が深いことがわかり、それらの疾患への移行が心配されています。

次のような症状に一つでも当てはまる場合には、口腔がん検診の受診をおすすめします。

  • □よくいびきをかく
  • □起床時に頭痛がある
  • □夜中に呼吸が止まる
  • □加齢に伴い、眠りが浅くなってきた
  • □寝付けないことがある
  • □夜しっかり寝ても昼間眠い
  • □朝、すっきりと起きられない

当院の院長は香川睡眠・呼吸障害研究会の世話人をしています。

有効な治療方法

有効な対策として挙げられるのが、マウスピースを使った治療法です。
治療方法の一つとして挙げられるのは、歯科医院でマウスピース(オーラルアプライアンス)を作り、就寝時に装着していただく方法があります。
マウスピースを装着すると下あごが前に引き出され、上気道が広がり、無呼吸が起こりにくくなるのです。
無呼吸専門病院と提携し、マウスピースを製作
武部歯科医院では、医科の無呼吸専門病院からの依頼を受け、患者さま一人ひとりに合ったマウスピースを製作しています。病院からの依頼による診療は健康保険も適用になります。
また、当院のの院長は香川睡眠・呼吸障害研究会の世話人もしております。睡眠時無呼吸症候群でお悩みの方は専門の病院をご紹介いたしますので、お気軽にご相談ください。